Piante da giardino 〈庭の植物〉2017.11.25-5

チョコレートコスモスの紅色と
ツルコケモモの赤茶けて長く伸びた蔓。
山あいの木々に囲まれた自然豊富な中に建つ事務所の
入り口にかけたハンギングバスケット🍁
赤茶けた自然の景色の美しい色が壊れないように
風化したワイヤーのバスケットに自然のままの色を植え込んだ。
ワイヤーの穴から土が溢れないように、
ヤシのマットを敷き混んで水苔で土止めをしながら
中心になる植物から植え込んでいく。
寒い時期なので根鉢は軽くほぐす程度。
ポットの底の形状を記憶して狭い中でぐるぐる回った根が、
ほぐされたことにより根の先を新しい土へと伸ばして行く。

 

Piante da giardino 〈庭の植物〉2017.11.20-4

アリウム.ギガンチウム

ネギ科ネギ属(アリウム属)の秋植え球根。
10月末ごろ植え付ける。
休眠中の耐暑性はやや弱いが耐寒性は強い。
花は5月~6月に直径15cm前後の球状の花序に
紫色の花をつける。草丈は120cm前後になる。
花は2年目からだんだんと小さくなり3~4年で
球根が腐り無くなってしまうことがよくあるので、
3年程したら新しい球根を植えるようにしている。
1球あたり400円~600円はするので沢山植え付けるのを
ためらってしまうが、丸いボンボンが庭先を賑わす光景を
想像すると、欠かせない秋植え球根の一つである。

写真は数年前の6月末頃撮ったもの。テーマパークのガーデンに植えたギガンチウム。
小道の脇に咲いているのはアルケミラモリスやピンクのコーンフラワー、シロツメグサなど。
その後ろに咲くネギ坊主のような紫色のギガンチュウムは
ガーデンを引き立て、その存在感はとても大きい。

日本水仙などの早咲きはお正月前頃から、
4月頃咲く原種のチューリップ、
パイナップルのような形で7月頃咲き始める白花のパイナップルリリーなど、冬から初夏まで順次花を楽しめる球根をプランを立てて植え付けるといっそうガーデンが楽しくなるだろう。

Cose da pensare ogni giorno〈日々思う事〉2017.11.15

山は紅葉の紅と常緑樹の緑のコントラストが見頃な季節になった。
すっかり秋深く、もうすぐ訪れる冬への準備を始めていた。
いっとき山から見える遠い街が雲海のようになり、やがて周りが真っ白になり、白くぼやけた景色が美しかった。

落ち葉で敷き詰められた山あいの小道を歩いた。
🍂サク サク サク🍂 落ち葉の上を歩く音に心が和む。
枯葉の音は副交感神経に作用して身体をリラックスさせ、脳を活性化させる働きがあるそうだ。朝早く森林浴を楽しみながらサクサクと散歩することは、とても身体にも心にも良いそうだ。
葉を広げ、色を変え、花を咲かせ、実をつけ、いろんな姿を見せてくれる植物たちはいつも側にいてくれる。
木々は葉を落としてからも音を通じて人の心を優しくさせる。

忙しい毎日、一生懸命生きる。
でも日々の暮らしに追われ、身体だけでなく心にも大きな負担をかけてしまうことがある。
涙が流れる程に心がすり減り行き場のない辛い時もある。
そんな時、フウッと一息深呼吸してみる。
自分を休める手段が欲しくなる。
流れるように過ぎ去る時間の中にいるからこそ、自分を癒せる方法を知っていたら心強いと思う。
きっと人にも自分にも優しくなれると思う。
草木の匂いを感じ、自然からもらう穏やかな心を
大切にしていきたい。

Lavori da giardino〈今日の庭仕事》🌿《スウェイル作り 山梨県山梨市 》2017.10.28

横幅60cm×深さ60cm×長さ20mの同じ深さの長い溝を掘り、雨を一時溝に溜めて、その後土にゆっくりと雨水を浸透させる目的の、SWALES(スウェイル)と言われるものを設置する作業を行った。伐採した木の枝や根っこを溝に入れ、土をかぶせ、ふかふかの土を作り、溝の脇には実のなる木を植えたいとのこと。パーマカルチャーを学びご夫婦でその手法の実現に挑戦されていて、今回はその実現のお手伝いをほんの少しさせて頂いた。パーマカルチャーについてはいくつかホームページでも紹介されている。北海道や長野など各地で講座も開かれているようだ。http://pccj.jp/permaculture/technique/

若い方達を中心に今、農業のあり方も変わってきていると思う。農薬を使わない、もしくは減農薬に力を入れていて、道の駅や農産物売場では、無農薬野菜のラベルをよくみかけるようになった。農薬を使わないから虫食いがあるというのは、かなり昔で最近は無農薬であっても虫食いのない元気な野菜へと変わってきている。19年程前になるだろうか、私の植物や土、ガーデンにかかわるポリシーの原点でもある、私の師匠であるガーデンの先生がおっしゃっていたことをよく思い出す。農薬の怖さを訴えている者はおかしいと言われた時代。農薬を使い続ければ必ず数年後にはその影響が出るとあの当時の農薬や、園芸に対する考え方についてよく話されていた。結局、今、あちこちで農業が見直され、勉強会や講演会がよく行われている。生産と売上との問題はあるから農法にどこまで手間暇、経費をかけられるのかは大きな課題だと思うが、試行錯誤の中から、これから育っていく子供達に安全な美味しいものを食べさせられる時代が来ることを願うというこの気持ちにつきる。

 

Piante da giardino 〈庭の植物 〉2017.10.15-3

オミナエシ

(山梨県北杜市高根町清里にある、清里の森内に建つドライフラ ワーと雑貨のお店  「森の日曜日」にて。)

オミナエシ科の多年草。秋の七草のひとつ。草丈は1m程、8月~10月頃黄色い可愛い花を咲かせる。花期が長く、毎年咲くので手もかからずガーデンにはおすすめ。

《組み合わせ》

ユーパトリウム セレスチナム(青色フジバカマ)は高さ50cmくらいなのでオミナエシの前に群生させる。黄色と青の組み合わせが爽やか。

 

 

 

 

Piante da giardino 〈庭の植物 〉 2017.10.12-2

山間に建つ小学校の石垣に、真っ赤に紅葉した蔦を見つけた。

ゴツゴツした石を這うようにビッシリと広がっている蔦は

見事だった。

アプローチや花壇、門柱などの硬い石や煉瓦などに這わせると、柔らかく優しい感じになる。

四季折々、花々が少なくなる季節には欠かせない、

紅葉を見せる蔦は、ガーデンを華やかにしてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

Lavori da giardino〈今日の庭仕事〉🌿《キュウイフルーツの摘果作業 山梨県山梨市》2017年7月13日

キュウイフルーツの摘果作業をした。受粉がうまくできなかった小さいもの、変形したものを摘果する。太い枝の剪定も行なった。連日の猛暑の中での作業、雨も少ない。

お昼休み棚の下でお弁当を食べた。山道の脇に成っていた真っ赤な木苺の実がすっぱくて美味しかった。広大な棚の上に広がった、キュウイフルーツの葉っぱの隙間から溢れる陽の光がとても綺麗。聞こえてくるのは時折聞こえる、遠く山の下を走る軽トラの音。鳥や蝉の鳴き声。カサカサと風で擦り合う葉っぱの音。暫く椅子にもたれてぼんやりしていた。穏やかな静かな時間を過ごした。

今年の作業は終わり。秋の収穫を待つばかり。果物農家さんのお手伝いをさせて頂いて多くの事を学び、沢山自然に触れた。自然の中に立つ自分の心がいつも癒されていた。

常に天候に左右されながら、果物の成長を把握して作業していく。健康第一でなければやり通せない。作る喜び、食す喜びの陰には大変な日々があるのだと知った。

Lavori da giardino〈今日の庭仕事〉🌿《山の作業4 山梨県甲斐市》2017年7月11日

標高1000mのこの地、甲府の町よりは涼しいとはいえ、この夏はとても暑い。何度も木陰で休憩した。今日の作業はクリスマスローズのまわりの草取りと山道の手摺り用のロープ取り付け作業。

時折吹く風が気持ち良い。真っ青な空が眩しい。 汗を流して、土に塗れて、真っ黒に日焼けして……。そんな時が私はとても心地よい。この大木の下で空を見上げると、日常の苛立ちや不安なこと、くよくよしていた自分がとても小さく感じる。フーッと大きく深呼吸!この大木や緑の大地から大きなエネルギーをもらった気がする。                    「よし!頑張ろう!」

 

Lavori da giardino〈今日の庭仕事〉🌿《庭木の手入れ 山梨県甲府市O邸》2017年7月10日

庭の草取り、植物の選定をした。この時期サルスベリの花が庭を賑わす。夏のガーデンにはお薦めの樹木だ。このサルスベリの花色は紫がかった青色の、とても綺麗な爽やかな花色だ。今年で4年目になるこの庭の木々も大分成長している。シンボルツリーはリビング前のオリーブの木。とても暴れる木だが、その暴れる感じがこの庭を柔らかく美しく見せている。足元には紫陽花やギボウシ、シャリンバイ、そして大きく広がったイブキジャコウソウやワイヤープランツたち。花壇にはコウリンタンポポやエキナセアなどの宿根草やハーブ。実のなる木はブルーベリーやアロニアの木。生垣にはシルバープリペット。樹木や下草は春から秋の終わりにかけて数回手入れをする。土作りは初年度、有機の堆肥のみを漉き込んだ。草花の肥料は有機肥料のガーデンラバーズを月に1~2度散布しているだけである。農薬や化学肥料に頼らない地力をつけた土作り、植物に囲まれた四季おりおりの花が楽しい庭作りのお手伝いをして行きたいと思う。

 

 

 

Lavori da giardino〈今日の庭仕事〉🌿《ブドウの摘粒 山梨県山梨市》2017.6.25

ブドウの作業もふさ作り、ジベ処理、笠かけと進み、
摘粒そして袋かけと忙しさ真っただ中だ。
摘粒していると変形した粒が時々出てくる。
“しんちゃんのおしり”と私はよんでいる粒はクレヨンしんちゃんの
おしりみたいな形をしている😊
みんなで手を動かしながら、楽しく会話する。

山梨市の水口地区で作業しているのだが、
山に登る獣道の入り口にはお地蔵様がいる。
一緒に仕事をしているお姉さんの話しだと700年程前のものらしい。
他にも、子供にまつわる“首地蔵”さん(www.geocities.jp/bear7/yamanasi/kubiji.htm)や、
日本最古と言われる鳥居がある大井俣窪八幡神社など
歴史を感じるスポットが沢山ある。
この地にきて、自然の中で時間を過ごしていると心が洗われる気がする。
人やその場所との出会いって、目には見えない縁で繋がっていて
長い時間一緒に過ごしていると、もしかしたらずーっと昔、前世たちが繋がっていたのではないかと、タイムスリップしてみたくなるような不思議な気持ちになる。
日々の出会いは自分にとって大切なことで、この関わりを大切にしていくことが
自分の人生を豊かにしてくれるのだと思う。
何かに感動し、ロマンを感じ、ワクワクする。
そんな心を持っていたい。